南会津の大内宿へ

昨日はまず、南会津の大内宿へ。観光を活用した交流人口拡大の取り組みを視察させて頂きました。
素晴らしいコンテンツを活かして町ぐるみで様々な取り組みが行われています。雪の大内宿も風情があってなかなかです。
八十里越が開通したら広域観光で連携の可能性が高い大内宿、近年の入り込み客数は年間約80万人とのことです。これ以上客数が増えるとアクセス道路の渋滞問題や駐車場とトイレの増設等々課題もあることが解りました。