新潟県議会2月定例会が、昨日午後からの本会議をもって閉会

写真は、県庁の土木部長室の壁に掲げられたパネル、「事件・事故対応の心得」です。
加治川ダムの放流、出雲崎の道路陥没と今年度2度発生した人身事故対応の不味さを受けて、土木部全ての所属長のデスク近くに掲げられています。
ダム放流の手順の再確認と徹底、道路維持管理予算の増額など、その都度事故をおこさないための対策が図られていますが、それでも事故をゼロにすることはできません。
いざというときにどう対応するか、今年の反省を踏まえ部内で徹底するために、パネルにして掲示しています。

2月19日から始まった新潟県議会2月定例会が、昨日午後からの本会議をもって閉会しました。